磨き、その他修理について

外装仕上げ

外装仕上げ

外装仕上げとは、何年も使用し当初の輝きをなくしてしまった、ケース・ベルトの小キズ・使用キズをバフ等を使い丁寧に磨き、時計を本来の輝きによみがえらせる作業のことです。※メッキ・チタン・セラミック系・プラスチックなどは材質や仕様によりポリッシュできません。詳しくはこちら

ガラス交換

ガラス交換

破損やカケ・ヒビなどのガラスを同素材の新しいものに交換いたします。
ロレックスやオメガなど純正ガラスの交換も可能です。
アンティークなどもお客様の時計に合わせて特注製作いたします。

防水テスト

防水テスト

防水テストとは、防水試験機を用いて防水性能を確認します。オーバーホールに空圧による生活防水テスト(10気圧まで)は含まれます。
完全防水の時計でもいつかは防水性が失われます。200m防水、300m防水のダイバーズウォッチ等を実際に水の中でご使用される方には強度の防水テストをお勧めします。

防水不良がある場合は中身を抜き、実際にケースを水中に入れ圧をかけ、防水不良部分を見つけます。
ただしご使用により防水性は低下する恐れがありますので防水検査は防水保証をさせていただくものではございません。
防水性回復に努力はさせていただきますがケース、裏蓋、リューズ等の錆や劣化により回復しない場合もございます。

電池交換

電池交換

電池はおおよそ3年で残量がなくなります。
電池が切れたまま放置していると液漏れなどが発生し、内部機械が腐食する場合もあります。
修理費用が高額となってしまうことがありますので、
なるべく早く交換してください。
時計にもよりますが、秒針が2~4秒に1回動くようになると、電池残量がない合図です。

その他

ベルト修理など、上記にない修理もお気軽にご相談ください。
お問い合わせはコチラ

ただし、外装部品(リューズ、プッシュボタン、針、ガラス、ベルト部品等)の入手はロレックスやオメガ等一部のブランドに限られます。
部品破損、欠損の場合は修理できない可能性が高くなりますのでまずはお問い合わせください。

また純正ベルト(金属ベルト、革ベルト、ラバーベルト等)の交換は一部を除き基本的には承っておりません。
正規販売店、または各メーカーのアフターサービスセンターへご相談ください。

磨き、その他修理料金表はコチラ

こんな状態は修理、メンテナンスが必要になります!

よくある質問Q&A

ページトップへ

時計修理・オーバーホールなら時計修理のオロロジャイオ OROLOGIAIO

人にも時計にも親切丁寧。時計修理・オーバーホールのオロロジャイオ。時計の状態を見極め、確かな技術をリーズナブルな価格でご提供し、お客様にご満足をいただけるよう努めています。アンティークウォッチから高級ブランド時計まで。まずは、お気軽にご相談ください。