ホーム >  時計 オーバーホール & 修理 > オメガ オーバーホール & 修理

オメガ オーバーホールなどの値段と内容について

金額は、時計の状態や部品価格等により異なります。

オメガシーマスター
電池交換 バックル修理

ご要望
電池交換 バックル修理
不具合内容
動作不良 バックル不良
修理の値段と内容
電池交換セット¥6,000
バックル修理¥6,000
合計¥12,000
オメガシーマスター(1)
オメガシーマスター(2)

バックルの留まりが悪く、使用しないうちに
止まってしまったということで
時計の点検という意味合いも含めて
オメガシーマスターの修理を
ご依頼いただきました。

バックルの内蔵バネの劣化により不良でした
のでバネ交換をさせていただきました。

シーマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスター プラネットオーシャン
オーバーホール 部品交換

ご要望
オーバーホール リューズ交換
不具合内容
リューズの摩耗によるねじ込み不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥24,000
リューズ交換¥10,000
チューブ交換¥7,500
合計¥41,500
オメガシーマスター プラネットオーシャン(1)
オメガシーマスター プラネットオーシャン(2)

オメガ シーマスター プラネットオーシャンの
リューズのねじ込みのねじ山の不良によるリューズねじ込み不良でした。リューズと一緒にケースに埋め込まれた受け側のチューブも一緒に交換しました。
精度は悪くない状態でしたが若干の湿気の混入を心配されて
またメンテナンスオーバーホールもご依頼いただきました。
コーアクシャルモデルもおまかせください。

シーマスター プラネットオーシャン修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール

ご要望
オーバーホール
不具合内容
メンテナンス
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ¥11,800
バネ棒¥1,600
合計¥41,400
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

長年ご愛用のオメガ スピードマスターマークⅡの
メンテナンスオーバーホールのご依頼をいただきました。
搭載キャリバーは現行のモデルが使用できます。
ゼンマイも純正でご案内いたしました。
アンティーク・ヴィンテージ時計や旧モデルのオーバーホールの
ご相談も是非、東京・中野 時計修理オロロジャイオへご相談ください。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスター
オーバーホール 部品交換

ご要望
オーバーホール ベルト修理
不具合内容
ベルト破損
修理の値段と内容
オーバーホール¥18,000
ベルト修理¥4,800
合計¥22,800
オメガシーマスター(1)
オメガシーマスター(2)

ケースとベルトの付け根のピンとパイプが欠損しておりました。
ベルト修理をいたしました。
オメガシーマスターのベルトはピン1本にパイプ2つでベルトのコマが留められておりケースが重いのでピン・パイプに負担がかかりやすく摩耗すると突然取れてしまうことがございます。
欠損した部分以外に3箇所緩みがあり、合計ピン・パイプ4か所の交換・取付を行いました。

シーマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール

ご要望
オーバーホール
不具合内容
メンテナンス
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
裏蓋パッキン¥2,200
合計¥30,200
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

オメガ スピードマスター コンビの時計のオーバーホール依頼でした。
10年以上オーバーホールをされていないということでお持込いただきました。いくつも時計があり1年に使用されるのは数回と20年ぐらい前の時計ですが外装は非常にきれいな状態でした。
裏蓋はプラスチック製のパッキンが使用されております。
念のため交換をさせていただきました。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール

ご要望
オーバーホール
不具合内容
メンテナンス
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
合計¥28,000
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

ご友人のご紹介でご依頼いただきました。
時計をいくつかお持ちで非常にきれいにご使用されておりまして
今回のオメガスピードマスターのオーバーホールのご依頼も
特に異常なくメンテナンスオーバーホールをさせていただきました。是非他の時計のオーバーホールの際もご依頼をお待ちしております。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール 部品交換

ご要望
オーバーホール バックル修理
不具合内容
時間の遅れとバックル不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
スライドネジ¥3,000
裏蓋パッキン¥2,200
マキシン¥1,800
合計¥35,000
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

オメガ スピードマスターのバックル修理とオーバーホールのご依頼でした。
バックルの不良はスライドネジが欠損し留められなくなっていました。取付を行いました。機械内部はリューズ廻りより少し湿気が入り1日30秒程度の遅れが出ていましたがオーバーホールと消耗部品の交換で済みました。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスター
オーバーホール 部品交換

ご要望
オーバーホール
不具合内容
油切れによる遅れ
修理の値段と内容
オーバーホール¥18,000
バネ棒¥1,600
合計¥19,600
オメガシーマスター(1)
オメガシーマスター(2)

お仕事に毎日使用されているオメガ シーマスターが最近遅れが気になるということでオーバーホールのご依頼いただきました。
オーバーホールの際は機械を取り出した際にケースとベルトの洗浄、防水試験も作業工程に含んでおります。
外装仕上げはしませんでしたがベルトの隙間の汚れも落ち、防水試験もパスし「また明日から気持ちよく使える」と喜んでいただきました。

シーマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスタークロノ
オーバーホール

ご要望
メンテナンス
不具合内容
時間が遅れる
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ¥4,000
ピン・パイプ交換×2¥4,000
合計¥36,000
オメガシーマスタークロノ(1)
オメガシーマスタークロノ(2)

オメガスピードマスターと内部は大きな違いはありませんが、外装が丈夫でスピードマスターに多いリューズ、プッシュボタン廻りの不良になることも少ない印象です。ただその分ケースが重いのでベルトに負担がかかりピンパイプが緩む傾向にあります。

シーマスタークロノ修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール 部品交換

ご要望
メンテナンス
不具合内容
湿気混入による油切れ
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ¥4,000
プッシュボタン×2¥8,400
裏蓋パッキン¥1,800
合計¥42,200
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

オメガスピードマスター湿気の混入により油切れの状態でした。プッシュボタン廻り、裏蓋パッキンの劣化が原因でした。今回は大きなダメージには至りませんでしたが・、湿気がたくさん入り内部が錆びますと機械の上部にある自動巻き上げ機構の部品が最初にダメージを受け錆びるケースがございます。自動巻き上げのローターを交換しますと、部品代だけで¥40000を超える場合もありますので水気には十分ご注意ください。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスター
オーバーホール 部品交換

ご要望
メンテナンス
不具合内容
油切れによる精度不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥18,000
ゼンマイ¥4,000
切替車¥4,200
角穴車¥2,400
減速車¥1,600
合計¥30,200
オメガシーマスター(1)
オメガシーマスター(2)

以前はロレックスの時計をオーバーホールしていただいたリピーターのお客様で、今回はオメガシーマスターのオーバーホールのご依頼をいただきました。調子は悪くないように思われていましたが油切れの状態で部品の摩耗が見られました。キャンペーンのタイミングやリピーター様ですと割引がございます。

シーマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスターQZ
オーバーホール バネ棒交換

ご要望
オーバーホール
不具合内容
磁気帯びによる時間の狂い
修理の値段と内容
オーバーホール¥15,000
バネ棒¥1,600
合計¥16,600
オメガシーマスターQZ(1)
オメガシーマスターQZ(2)

オメガシーマスターの時計に磁気帯による時間の狂いがありました。電子回路の発信、消費電流は正常値で、オーバーホールでご対応させていただきました。オーバーホールには磁気抜きや電池交換の工程も含まれております。

シーマスターQZ修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスターATクロノグラフ
オーバーホール 部品交換

ご要望
時間が狂う
不具合内容
油切れによる精度不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ¥4,000
切替車¥4,500
合計¥36,500
オメガシーマスターATクロノグラフ(1)
オメガシーマスターATクロノグラフ(2)

油切れによる精度不良でしたのでオーバーホールいたしました。外装仕上げも希望されましたが、素材がチタン製の為お受け出来ませんでした。チタンはステンレスよりも軽く良い素材なのですが、時計にはステンレスが主に使用されております。ステンレスの方が元々の輝きが優れており、チタンは表面を何度もコーティングしないとステンレスのような輝きを出すことが出来ない為です。チタン素材の磨きは残念ながらお受け出来かねます。

シーマスターATクロノグラフ修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール 部品交換

ご要望
オーバーホール
不具合内容
時間が遅れる
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ¥4,000
切替車¥4,200
裏蓋パッキン¥1,800
合計¥38,000
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

東京へ遊びに来るついでに修理送さんにご来店いただきました。
店頭での説明にご満足頂きご依頼いただきました。
毎日使用されることの多いオメガスピードマスターですが、丁寧に使用されているようでした。時間が遅れるとのことで若干油切れ気味でしたが、外装の不良はなくオーバーホールと内部の消耗部品のみの交換となりました。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール 部品交換 外装仕上げ

ご要望
オーバーホール
不具合内容
リューズ動作不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ¥4,000
切替車¥4,200
ツヅミ車¥2,500
小鉄車¥1,200
リューズ¥4,200
プッシュボタン×2¥8,400
マキシン¥1,800
秒規制レバー¥1,000
裏蓋パッキン¥1,800
バネ棒¥1,600
外装仕上げ¥12,000
合計¥70,700
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

オメガスピードマスターのオーバーホール依頼でした。
針回しの際に関係するツヅミ車、小鉄車、秒規制のレバーに摩耗があり、操作がスムーズに行えませんでした。リューズ錆び、プッシュボタン錆び、リューズの芯のマキシン錆がございました。裏蓋パッキン劣化、裏蓋とケースの接地面錆が見られました。長年ノーメンテナンスということで、かなりコンデョションは悪く修理代が膨らんでしまった例になります。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール 部品交換 外装仕上げ

ご要望
オーバーホール 外装仕上げ 風防交換
不具合内容
部品破損による動作不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ¥5,000
リセットピン¥3,200
リューズ¥6,500
バネ棒¥1,600
外装仕上げ¥12,000
風防¥5,600
合計¥61,900
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

オメガスピードマスターのオーバーホール相談です。
手巻きなので自動巻きに比べれば壊れにくいですが、落下または何らかの衝撃を与えたことによりクロノグラフノリセットピンが折れておりました。ほかの部品に挟まっており、ケースと機械を止めるネジが外れ機械が内部でかたつく状態でした。リューズ自体も錆び劣化していましたので交換が必要でした。風防は傷が目立ち気になるとのことで一緒に交換させていただきました。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスター
オーバーホール リューズ交換 部品交換

ご要望
オーバーホール リューズ修理
不具合内容
リューズねじ込み不良 内部湿気混入
修理の値段と内容
オーバーホール¥18,000
ゼンマイ¥4,000
リューズ¥8,400
チューブ¥1,500
マキシン¥1,800
バネ棒¥1,600
ブレスピンパイプ×2¥2,000
合計¥37,300
オメガシーマスター(1)
オメガシーマスター(2)

オメガ シーマスターの リューズ修理依頼でした。

リューズマキシン折れ、錆び、摩耗によるリューズねじ込み不良のため、リューズマとチューブ、マキシンの交換と内部湿気混入のためオーバーホールとなりました。ベルトのピンも2か所緩くなっていたので、抜けてしまう状態にもものをよく見かけます。そのままにしてしまいますとベルトが外れ落下の恐れもありますのでご注意ください。

シーマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスター
オーバーホール 部品交換 外装仕上げ

ご要望
オーバーホール
不具合内容
油切れによる自動巻き上げ機構不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥18,000
ゼンマイ交換¥4,000
切替車交換¥4,200
ローターベアリング交換¥6,800
4番車交換¥2,500
バネ棒交換¥1,600
外装仕上げ¥12,000
合計¥49,100
オメガシーマスター(1)
オメガシーマスター(2)

オメガ シーマスター オーバーホールのご依頼です。
油切れにより自動巻き上げ機構の調子も良くなく、すぐに止まってしまう状態でした。ローターベアリングはスイス製機械の汎用部品でなく、オメガ専用のものに改良されていましたが、部品入手は可能でした。オメガの部品はほぼ入手可能ですので部品不良が出ても安心です。

シーマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスター
オーバーホール 部品交換 外装仕上げ

ご要望
メンテナンス 外装仕上げ
不具合内容
油切れによる精度不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥18,000
ゼンマイ交換¥4,000
切替車交換¥4,200
3番車交換¥3,200
4番車交換¥2,900
バネ棒交換¥1,600
パッキン交換¥0
外装仕上げ¥12,000
合計¥45,900
オメガシーマスター(1)
オメガシーマスター(2)

長年ノーメンテナンスで油切れのためすぐに動かなくなってしまう状態でした。オーバーホールと針を動かす3番車、4番車もホゾの摩耗がございましたので交換が必要でした。毎日ご使用していらっしゃるということで、小傷も多く外装仕上げも希望されました。部品入手も困らず、防水性の高い頑丈な時計なので、またこれから毎日ご愛用いただけると思います。 オメガシーマスターのオーバーオールも是非ご依頼ください。

シーマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール 外装仕上げ クロノ修理

ご要望
オーバーホール クロノグラフ修理
不具合内容
クロノグラフリセット不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ交換¥4,000
切替車交換¥4,500
プッシュボタン×2交換¥8,400
リューズ交換¥4,200
スタートレバー交換¥3,600
バネ棒交換¥1,600
裏蓋パッキン交換¥1,800
外装仕上げ¥12,000
合計¥68,100
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

クロノグラフ機構の押えネジが外れ、クロノグラフノリセットができない状態になっていたため組み直しが必要でした。スタートボタンが錆びており内部に湿気が混入しており、スターレバーも錆びさせていました。リューズ、リセットボタンも劣化が見られましたので、一緒に交換をご案内しました。
オメガスピードマスターのオーバーホール 外装仕上げのご依頼も是非お待ちしております。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール バックル修理 部品交換 外装仕上げ

ご要望
オーバーホール バックル修理
不具合内容
メンテナンス依頼
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ交換¥4,000
切替車交換¥4,500
プッシュボタン×2交換¥8,400
リューズ交換¥4,200
ハンマースプリング交換¥3,200
スタートレバー交換¥4,800
裏蓋パッキン交換¥1,800
バックル一式交換¥13,500
バネ棒交換¥1,600
外装仕上げ¥12,000
合計¥86,000
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

バックル部品欠損で修理のご依頼いただきました。オメガは外装部品も流通しておりますのでバックル一式交換の対応となりました。時計の状態はプッシュボタン、リューズ錆によりオーバーホールと内部部品の交換が必要となりました。スピードマスターは仕事用に毎日ご使用される方も多いと思いますが、3気圧防水ですしプッシュボタンやリューズをぶつけたり、汚れがたまることにより錆び防水不良になっているケースが見られます。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガコンステレーション デイデイト
オーバーホール リューズ交換

ご要望
オーバーホール
不具合内容
内部湿気混入による動作不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥15,000
リューズ¥8,000
巻き真¥1,800
電子回路¥11,500
合計¥36,300
オメガコンステレーション デイデイト(1)
オメガコンステレーション デイデイト(2)

湿気による電子回路不良による動作不良です。オーバーホールと一緒に電子回路ブロックも交換させていただきます。湿気の混入の原因となるリューズと巻き真が錆のため交換が必要でした。コンステレーションのリューズは小さいのに非常に高い印象ですが、部品流通が少ないのでしょうか。毎回高いです。
オメガ コンステレーションのオーバーホールのご相談お待ちしております。

コンステレーション デイデイト修理の詳細はこちら⇒

オメガデビル
オーバーホールゼンマイ交換 切替車交換 ローターベアリング交換 リューズ交換

ご要望
オーバーホール
不具合内容
油切れによる動作不良・精度不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥18,000
ゼンマイ交換¥3,000
切替車交換¥3,800
ローターベアリング交換¥4,800
リューズ交換¥20,000
合計¥49,600
オメガデビル(1)
オメガデビル(2)

油切れによる動作不良と精度不良でオーバーホールと各部品を交換させて頂きました。元々防水性が高い作りではありませんが、リューズも防水性を高めるため交換をお勧めさせて頂きました。
ただしリューズを交換してもケースや裏蓋劣化により、防水性が十分回復しない場合もございます。長くご愛用頂く為にも少しでも最高の状態でお返しができる様作業させていただいております。

デビル修理の詳細はこちら⇒

オメガシーマスターアクアテラ 2517.50
オーバーホール 外装仕上げ

ご要望
オーバーホール 外装仕上げ
不具合内容
メンテナンス
修理の値段と内容
オーバーホール¥15,000
外装仕上げ¥12,000
合計¥27,000
オメガシーマスターアクアテラ 2517.50(1)
オメガシーマスターアクアテラ 2517.50(2)

経年劣化により電池消費量は大きくなっておりましたが内部の電子回路には問題はなく、メンテナンスオーバーホールと外装仕上げとなりました。
文字盤内部に白いホコリが入り気になっているとのことでしたが、オーバーホールではこういった内部のホコリも綺麗に取り除きますのでご安心ください。一方外装のキズは外装仕上げで新品の頃の様な輝きを蘇らせます。

シーマスターアクアテラ 2517.50修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスター
オーバーホール プッシュボタン交換 リューズ交換

ご要望
オーバーホール
不具合内容
油切れによる精度不良
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
ゼンマイ交換¥4,000
切替車交換¥3,200
プッシュボタン交換¥8,400
リューズ交換¥4,200
合計¥47,800
オメガスピードマスター(1)
オメガスピードマスター(2)

油切れ、湿気の影響による遅れや止まりがあり、ゼンマイと切替車は長年ノーメンテナンスだった為の消耗による交換、プッシュボタンとリューズは錆びて湿気混入の原因だった為の交換です。スピードマスターは元々防水性はあまり高くなく、防水不良の状態をよく拝見します。防水テストでは出来るだけ防水性を高められる様作業しておりますが、ケースに錆が出ると完全な非防水時計となりますのでお早目のメンテナンスをお勧めします。

スピードマスター修理の詳細はこちら⇒

オメガスピードマスターデイト 3210.50
オーバーホール 外装仕上げ

ご要望
オーバーホール 外装仕上げ
不具合内容
機械油切れ、汚れ
修理の値段と内容
オーバーホール¥28,000
外装仕上げ¥12,000
合計¥40,000
オメガスピードマスターデイト 3210.50(1)
オメガスピードマスターデイト 3210.50(2)

長い間ノーメンテナンスだったため油の劣化による精度不良でした。
幸い交換部品はありません。
購入時にメンテナンスまでの詳しい説明はなかったそうでメーカー修理の提示金額の半分で済んだようで非常にご満足いただきました。
オメガ スピードマスター オーバーホール、外装仕上げのご相談は是非 東京・中野 時計修理オロロジャイオへご相談ください。

スピードマスターデイト 3210.50修理の詳細はこちら⇒

全国どこでも無料宅配

往復の配達料、キャンセル料は無料です

無料宅配キット注文はコチラ
無料見積りはコチラ
03-3383-0833 [年中無休受付中] 電話受付 11:00-19:00 Web受付 24時間
03-3383-0833 [年中無休受付中] 電話受付 11:00-19:00 Web受付 24時間

こんな状態は修理、メンテナンスが必要になります!

よくある質問Q&A

ページトップへ

時計修理・オーバーホールなら時計修理のオロロジャイオ OROLOGIAIO

人にも時計にも親切丁寧。時計修理・オーバーホールのオロロジャイオ。時計の状態を見極め、確かな技術をリーズナブルな価格でご提供し、お客様にご満足をいただけるよう努めています。アンティークウォッチから高級ブランド時計まで。まずは、お気軽にご相談ください。